青梅吉野梅郷、梅の風味を生かした数々の和菓子や冷菓、甘味など

商品カテゴリ

Contents

HOME»  こだわり

こだわり

紅梅は芯まで紅い

紅梅は芯まで紅い

 

梅には白梅と紅梅がありますが、梅酒や梅干など、実を利用するのは、ほとんど白梅に限られていました。
紅梅の実は小さくほろ苦く堅いため、一部好事家が使うほか永い間かえりみられず、
花の美しさのみが鑑賞の対象にされてきたのでございます。
「もったいない。紅梅の実にはまた、白梅にない独自のおいしさがあるはず・・・」と、
その姿の愛らしさ、むざむざ捨てられる哀れさを惜しんで、活用の方法を考え工夫の末、佳品紅梅酒が熟成されました。
こればかりでなく、『紅梅苑』のお菓子は、すべて創造と愛情の結晶をベースにして作られています。
商標の『鴛鴦(えんおう)』は、中国から古く渡来した紅梅の一種「鴛鴦梅」からとりましたもので、
一花に二つの実をつける珍しいものです。
おしどりとも、夫婦梅とも呼ばれる実の形のめでたさを、お客さまがたにお福分けすべく、当店のマークといたしました。
末長いご愛顧を願い上げる次第でございます。

 

開花時季の梅畑

開花時季の梅畑

 

あたり一面、紅梅の淡い紅色がまぶしいぐらいきれいに咲いています。
吉野梅郷では2月中旬から3月下旬にかけて各地でこのように紅梅、白梅が入り乱れてきれいに花を咲かせます。
是非、吉野梅郷のお花見にお越しくださいませ。

紅梅苑では手間を惜しまず一貫して畑の管理から剪定作業にいたるまで「梅」と言う物にこだわり、
お客様に少しでもおいしいものを召し上がっていただきたいと言う考え方を持って取り組んでいます。

 

収穫時季の紅梅

収穫時季の紅梅

 

収穫時季を迎え、たわわに実った紅梅。
いよいよ春の終わりの一大イベント! 社員総出の梅もぎです。
これから何日かをかけて一つ一つ丁寧に手で梅をもいでいきます。
そしてこれらの梅は紅梅苑のかずかずの和菓子や梅酒など、味の源へとうつり変わっていきます。

 

梅にちなんだオリジナルの和菓子

梅にちなんだオリジナルの和菓子

 

紅梅苑では、梅の形を模したり、梅の風味を生かした様々な和菓子を創製、販売しております。
青梅梅郷にお越しの際のお手土産にもぜひご利用ください。
また、オンライン通販も対応しておりますので、遠方のお客様でもお買い求めいただけます。

 

喫茶限定メニューもお楽しみください

喫茶限定メニューもお楽しみください

 

葛切りやおしるこ、ソフトクリームといった甘味の他、栗おこわのようなお食事メニューもご用意しております。
散策の際のご休憩にぜひお立ち寄りくださいませ。

 

EPARK スイーツガイド